プレミアムフライデー代替取得と有給休暇で行く平日の草津温泉(2日目)

草津温泉旅行2日目は、西の河原付近を経由し、昼の湯畑周辺を観光して、

本命の宿に宿泊します。

 

平日日中の草津温泉街へ向かう

1日目のペンションを離れ、2日目の宿のチェックインの関係上、車を天狗山第一駐車場(無料)に止めて、

西の河原公園を経由して湯畑まで歩きながら観光します。

 

西の河原公園から湯畑方面に下って行くと、観光雑誌で紹介される広大な露天風呂が見えてきます。

水がとても綺麗です。

西の河原露天風呂です。館内は撮影禁止なので外観だけ。

ここは、ドライヤー等はありませんので、頭は濡らさないように注意する必要があります。

 

山の風景を見ながら広大な露天風呂で一風呂浴びて、西の河原公園方面へ向かいます。

道なりに沿って歩いて行くと、西の河原公園に到着します。

鬼の茶釜があります。

所々に気軽に足湯が楽しめる公園でもあります。茶色の建物はお手洗いです。

更に下って行くと、温泉街に入ります。

片岡鶴太郎美術館の向かい側には、大きなバケツに巨大なスティッチと一緒に猫が2匹、

首輪に繋がれた猫が1匹、皆様をお待ちしています。猫はぬいぐるみではなく本物です。

 

草津温泉街に到着

丁度お昼どきの時間帯でもあるので、温泉街で有名な蕎麦屋さん『三國屋』にお邪魔しました。

 2.5人前の手打ちそばで1,000円とお得。つけ汁はお好きな物を選べます。

お昼を済ませ、途中お饅頭とお茶をこれでもかと思うくらい頂けるお店を通過して湯畑に到着。

昨日夜の景色と全く異なる風景を味わう事ができます。

湯畑を上から見た様子。

 このまま、湯もみと踊りショーを観に向かいます。

 

草津名物「湯もみと踊り」ショー

ちょうど、15:30からの回があったので、チケットを購入して館内へ。

湯もみ娘さんが登場、踊り-草津節を歌いながら、湯もみと踊りのショーが始まります。

最後は勢いよく湯が上がる。まさに強烈。

これが終わると、湯もみ体験コーナーとなり、2回に分けて、1回あたり10人まで先着順で体験ができます。

 

温泉街でゆっくり過ごしたいので、早めに宿へ移動開始。

来た道を戻り、西の河原公園から天狗山第一駐車場に向かいます。

 

草津温泉2日目の本命の宿へ

ペットを連れて、草津温泉本命の宿へ。宿泊場所は『草津温泉 お宿 木の葉

駐車場から降りたところに、ホテルの入り口があります。

階段を下ると、エントランスに。

受付を済ませて、館内に進む。

 ここが、2日目に宿泊する部屋です。

 部屋は和室です。

 

この宿は、予約不要で3つから選べる貸切風呂、大露天風呂が2つあります。

次回は、こちらの宿について詳しく書きたいと思います。