車検見積のためニュービートルを実家に回送、8年目の車検金額は…?

2009年9月に、認定中古車(走行距離8,500km)として購入したニュービートル

購入して8年が経過し、現在の走行距離は16,530km。車検の時期がやってきました。

果たして、見積金額はいくらになるのでしょうか。

 

ニュービートルを都内から実家に回送の旅

金曜日、仕事が終わって帰宅し、自宅のある南千住を21時頃に出発。

首都高中央環状線(C2)千住大橋から乗り、そのまま東北道方面へ。

時間も遅いので、大学に通っていた第二の故郷、福島県郡山市を本日のゴールとします。

 

平日の高速は、深夜0時の時間帯を狙って3割引

チェックインを23時予定としていましたが、仕事が遅くなって出発も遅くなり、24時に変更しました。

途中、上河内SAで休憩しましたが、とある車の方が電話越しに「深夜0時を境に3割引になるように…」と

言っていた時、深夜割引の存在を忘れていた事に気付き…。24時過ぎてからのチェックインに変更。

と言っても、道路状況は快適で、直前の安積SAでNAVITIMEのドライブサポーター上の郡山南IC到着が23:58予定。これでは通常料金が微収されるので、時間調整の為に左側走行車線を時速60km/hで走行する事に…。

(ドライバーの皆さん、申し訳ないです…。)

 

郡山IC到着が23:59、料金所まで800m…

無事に0:00を回り、深夜割引が適用されました。

 

本日宿泊する宿は『ホテルバーデン』。宿泊料金は素泊まりプラン4,500円をポイント値引で3,000円。

天然温泉掛け流しが魅力で、大浴場はもちろん、客室のお風呂からも天然温泉のお湯が出ます。

但し、大浴場は23時まで。露天風呂はありません。

翌日9:15頃にホテルを出発し、国道4号線経由で郡山ICから福島JCT

国道13号線で建設中の東北中央道を見ながら栗子峠を超えました。

ニュービートルは山道苦手ですね…。登坂全然加速しなくてビックリ。

 

米沢に入り、県道1号線を経由して再度国道13号線へ。

道なりに沿って進み、山形市に到着(12:05)。

南千住から山形市まで、368kmの回送の旅が終わりました。

 

14時からの車検見積に出発、1時間待って査定された8年目の金額は?

前回の車検では11万後半でしたが、今回算出された金額は13万5000円でした。

特に異常はありませんでしたが、工賃が若干値上がった事、ワイパーのラバーが縮んでおり、ブレードと一緒に交換する事になった分が前回より値上がりした理由でした。

今回、車検と一緒に、前から気になっていたセンターコンソール部分の傷2箇所も治す事にしました。

このセンターコンソールはラバー塗装なので、簡単に治す事ができません。

ラバー塗装を剥がして色を全塗装し直すのが一般的。

色々と検討した結果、部品が約36,000円、工賃が約10,000円との事なので、交換する事にしました。

(明細上、赤色の部分です。)

 

このセンターコンソール、スマートフォンを吸盤で固定するスタンドを取り付けた際、

角度を固定するネジを回す時に、爪が何度も触れた事で深い傷になって付いてしまいました…。

切りたての爪で作業したのが悪かったのが原因。

こちらは、吸盤スタンドを外した時に付いた傷…。

今は、CDスロット部分に固定するiPadを磁石で固定するスタンドに変えました。

吸盤スタンドはあまりお勧めしません。

良い勉強になったという気持ちで、車検と同時に治す事にします。

 

車検は9月の3連休に。ビートルがいない3週間

車検は9月の3連休を予約、その間は実家に置く事にしました。

次は新幹線で帰省し、3連休最終日に東京へ戻る旅をしたいと思います。