ドライブレコーダー(ND-DVR10)の欠点が解消されるか!? 偏光フィルター(AD-PLF1)が発表。

ニュービートルに、カロッツェリアドライブレコーダー(ND-DVR10)を取り付けて3ヶ月が経過。

スカイツリーが綺麗に見える南千住で、ドライブレコーダーで撮影したドライブ風景を見たい時があるのですが、以前から「気になる事象」に悩んでいました。

 

ダッシュボードの置物がフロントガラスへ映り込む!

首都高速6号向島線の堤通手前のカーブの映像を写真にしました。

このように、ダッシュボードマットや芳香剤がフロントガラスに映り込みます。

夜間に限らず、日中帯でも映り込んでしまうので、ドライブレコーダー共通の問題なのか、

ND-DVR10のレンズ仕様によるものなのか、気になっていました。

そんな中、パイオニア2017/08/30にドライブレコーダーの新製品(ND-DVR20、ND-DVR30)を発表しました。

これには、発売済みの製品にも取り付けられるオプション品も登場しました。

 

フロントガラスへの映り込みを低減する偏光フィルター

2017/9に発売される偏光フィルター(AD-PLF1)を、ND-DVR10のレンズ部分に取り付ける事によって、フロントガラスへの映り込みを低減できる製品が発表。

偏光フィルター(AD-PLF1)商品概要

 

価格は3,240円、既にAmazonで予約注文が出来るので、早速予約しました。

 

また、パイオニアドライブレコーダーの欠点であった、録画した走行映像をPCで視聴するソフトウェアが付属されない点も克服され、「Driving Viewer」というソフトが

無償ダウンロードで提供されることに。

Macintoshは非対応

 

来週には、ニュービートルの車検、山形から都内への戻り旅、9/11に発売される偏光フィルターの記事が書けそうな気がしています。

 

偏光フィルターに関しては、取付後にどう変わったのかを商品が届き次第、

記事にしたいと考えています。

 

(2017/09/11 22:57更新)

本日、Amazonから発送通知が来ました。車は車検中なので、3連休後のレビューになりそうです。